リノベーション工事予定の当社物件

マンション暮らしのその不満はリフォームで解決できるのか?

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームは混同されやすい言葉です。

どちらも住宅に手を加える点では同じですが、厳密にはその目的の部分で次のような違いがあります。

 

リフォーム
「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すための修復の意味合いが強い。古くなったキッチンを新しいものに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類されます
リノベーション
修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」行為も含むため、より良く作り替えるという目的が含まれています。工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多いです。

 

つまり、リノベーションとリフォームには以下にように定義づけられると考えます。

リノベーション=新築時とは違う次元に改修する(改善)

リフォーム  =新築時に近づく様に復元する (修繕)

 

そして、工事の規模が大きくてもリノベーションと呼べないものもあるということです。

 

巷では、「リノベーションと言ってるけど、それリフォームでしょ?」というものが溢れていますので、お気をつけ下さい!

解体中のマンション(当社施工物件)

 

カミヤスタイルの考えるリフォームの定義

プロの専門業者に依頼をして古くなったキッチン、浴室、トイレなど設備機器の交換や汚れてきた壁紙の張り替え、フローリングの貼り替えなどを行なったりする工事です。

また、和室の畳をフローリングに変更して一部を洋室やリビングと一体化したり、1室を2つに分けて子供部屋を増やすような部分的な改修もリフォームになります。

リフォームは今ある設備を新しく更新したり、小規模な改修行うのみなので、工事を依頼する側も自分の思い描いたイメージと完成のズレが小さく、工事を業者に依頼する気持ち的ハードルも低いと思います。

またリノベーション工事よりも工事金額は節約できます。

リフォームで我が家の悩みを解消できるのか?
古くなった設備や内装のお悩みでしたら、リフォームで十分悩みは解決できますのでご安心下さい。
しかし、リフォームは生活動線や間取りの不満を根本的に解消する改修ではないので、間取り・空間・生活同線など住宅の基本設計部分に不満のある方がリフォームをしても悩みは解消されないことが多いです。

 

以前にマンションリフォームの相談を頂いた多くの方が、今の悩みが解消されると期待してリフォームをしたにも関わらず結局不満が解消されずに、再度リフォームを検討したいとのご相談を受けたことがあります。
残念ですが、何度リフォームをしてもお悩みは解消できません。

 

なぜなら暮らしのお悩みが、住宅の基本設計に関わる部分にあるので簡単な上部だけのリフォームでは問題が解決できないのです。

工事したのに、不満が募るなんて・・・・

工事を依頼された業者が施主の根本的な悩みを、汲み取れなかったのも原因だとは思いますが・・・

工事会社も連絡をくれた顧客に想定外になるような大きな工事、大規模なリノベーションを提案して工事を断られたり、他社に仕事を持って行かれるくらいなら

「余計な事は出来るだけ言わずに、お客様の予算内で言われた通りの要望に応えて、仕事を受注した方が効率がいいのです。」

 

この続きは次回リノベーションのお話しで・・・。

当社リノベーション物件
カミヤスタイルの公式LINEでは、最新情報の配信しています✨
インスタグラム→@kamiya_style でも情報更新しています🍀

 


お問合せ専用TEL:080-9807-4228
お問い合わせ(メール)