スタッフブログ 〜焼きものまつりー美濃焼編ー 〜

12月に入り、何だか毎日が慌ただしく過ぎていくような気がしています。
2019年、何かやり残した事はないか思い返しています🤔

以前のブログで、常滑焼まつりの事をご紹介しました。
今回は、岐阜県多治見市で行われた「多治見美濃焼茶碗まつり編」です。(日が空いてしまいましたが…😅)

———————————————————————————————————————————————————————-

美濃焼とは・・・岐阜県東部に位置する東濃地方の3つの市(多治見・土岐市・瑞浪市)で主に生産される陶磁器のこと。「織部、志野、黄瀬戸」といった生産される地域の名称で呼ばれるものも多く、たくさんの種類がありその中でもこの美濃焼。特徴がないことが特徴と言われるほど、多様な色、形が存在している。

———————————————————————————————————————————————————————-

普段は車で出かける事が多いのですが、多治見駅から各会場へシャトルバスが運行されているとの事だったので久しぶりに電車🚃旅でした。

JR多治見駅に到着し、改札を出るとすぐに窯元さんの直売コーナーや美濃焼巨匠ギャラリーがありました。モザイクタイル・転写絵付け・招き猫絵付けなど、気になる体験コーナーもありました。

駅周辺で飲食コーナーもあり、香ばしい香りにつられて到着早々、お昼ご飯に☺️

少し小ぶりですが、鰻丼をいただきましたっ🙏🏻✨

数量限定でうなぎ丼が1000円(茶碗は持ち帰り!)

 

会場が5カ所ありましたが、私達は掘り出し物に出逢うため、多治見美濃焼卸センターの「茶碗祭り」会場へ行きのシャトルバスへ🚌

最高の青空の下、想像以上にたくさんの人が訪れていました。
10月の中旬でしたが、日差しは夏を思わせるほどでした🌞

さすが、少し前まで日本一暑い🥵と言われていた多治見市です💦

北欧っぽい感じ♪

ディスプレイの仕方もお店によって様々でした。

色とりどり、大きさもいろいろ、どれもこれも良いなぁ〜😍と広い会場を散策しました。。

子供が就職とともに巣立ち夫婦二人になったので、少しづつですが断捨離を心がけているので欲しいと思うものは沢山有りましたが、本当に必要な物を考えて厳選して購入したものはこちら・・・😊

今まで、白い食器が多い我が家でしたが今回は違う感じのものを選びました‼︎
しかも軽い!!
また、ミッフィーのようなキャラクタの食器って、美濃焼が多いようです。

ミッフィー意外にも色んなキャラクターのマグカップなどがお値打ちに購入出来ます。

ゴールデンウィークには、土岐市の美濃焼祭りも開催されているようなので、是非来年はそちらへも行ってみたいと思います。

お問い合わせ・イベントの予約はこちら
お問合せ専用TEL:080-9807-4228
お問合せ・ご予約はこちら